東京都の深夜酒類提供飲食店・風営許可・飲食店|行政書士アーム法務事務

深夜酒類提供飲食店営業や特定遊興、風俗営業許可で警察に提出する書面や図面の作成ができない、分からない東京都行政書士事務所である東京都港区南青山アーム法務事務所にお任せください 深夜酒類提供飲食店営業や特定遊興、風俗営業許可の図面作成や書類作成はもちろん警察とのやり取りも全てお任せください。東京都行政書士東京都の深夜酒類営業なら東京都港区青山アーム法務事務所にお任せ。深夜酒類提供飲食店営業や特定遊興、風俗営業許可 
東京都で深夜酒類提供飲食店届出や風営許可なら東京都港区青山にある行政書士事務所アーム法務事務所へご連絡ください。東京都港区で風営許可ならアーム法務事務所

深夜酒類営業(深夜酒類提供飲食店届出 )
        ※深酒(ふかざけ)と言ったりもします。

バー、スナックなどはもちろん居酒屋なども含めて、深夜0時を過ぎてお酒をメインに提供している業態の飲食店は深夜酒類提供飲食店届出を警察署へ提出しなければなりません。

※レストランや定食屋さんなどの主食を提供する飲食店はお酒を出していたとしても届出の必要はありません。
メインは食事だからです。

※深夜酒類提供飲食店は風営許可ではないため接待にあたる行為はできません。

お酒をメインに深夜0時以降に営業するお店です。

 

届出を出すべきことを知らず、もしくは知っているのに営業をしてしまっている店舗が多いのも事実なのです。

届出をしていなかったことで
「1年以下の懲役、100万円以下の罰金又は併科」もしくは「50万円以下の罰金」に該当する可能性もありますので必ず届出をして営業をしましょう。

場所的な制限があるので必ず調べてからでないと営業場所の契約をしてはダメです。
これ位ならオッケーだろうで失敗する人が多いので気を付けましょう。
堂々と楽しく仕事したいですよね。

 

その他にも店内の制限等もあります。
客室の床面積は1室9.5㎡以上
客室の内部に見通しを妨げる設備を設けない
照度が20ルクス以下にならないようにしなくてはなりません。

 

CADによる図面の作成

通常の飲食店機営業許可と違い図面を正確に作成する必要があり、CADでの作図が必要不可欠となります。

建築当初の図面があればそのほうがいいのですが、その後に内装工事をしていて寸法が全く違う事が多いので注意が必要です。

 

深夜酒類提供飲食店の届出は非常に大変な手続きです。
  
   このような手続きは・・・

深夜酒類提供飲食店の届出代行など許認可申請の専門家である行政書士
南青山アーム法務事務所にお任せください。

 

電話での問い合わせも受け付けています、お気軽にご連絡ください。
   TEL.03-6804-5755

 

お客様が足を運ぶ必要はありません。 こちらから伺いますので ご安心ください。

もちろん御来所も歓迎いたします。
 外出している場合がございますので、御来所される際は事前にご連絡をお願いいたします。